あらかじめ決められた恋人たちへ

鍵盤ハーモニカのセンチメンタルなメロディを、ダブやシューゲイザー、エレクトロといった多彩なサウンドの中で響かせる「叙情派インストゥルメンタル・ダブ・ユニット」。通称“あら恋”。メンバーは、池永(鍵盤ハーモニカ、track)、kuritez(テルミン、Per.、鍵盤ハーモニカ)、劔樹人(Ba.)、キム(Dr.)の4人を基本に、ギター、PA、etc...もメンバーとして参加する。ときにスクリームも飛び出すエモーショナルなパフォーマンスで各地のフェスを席巻し、2014年も舞音楽祭、頂などでオーディエンスを沸かせた。
2014年9月、約2時間のライブDVDと、新曲「Going」をはじめ、吉野寿(from eastern youth)、クガツハズカム(fromきのこ帝国)参加曲を収録した4曲入りEPによる二枚組作品「キオク」をリリース。

またMVにおいても、柴田剛監督による「back」や、17分に及ぶ「翌日」等、話題を集めており「踊って泣ける」孤高のバンドとして独自の道を切り開いている。

H P